先日の悪戦苦闘

風邪が、うれしいことに、マシになりまして、お話がしやすくなりまして、今までに、インターネットから応募をしていました年末年始のアルバイトの求人に対しまして、お話を進めさせていただこうと思いました。
ところが、もはや、この季節、同じことを考えています方々が、困ったお話、とても多いようなのです。そして、一度、事務所まで、登録に行かないとダメなようなのですが、まずは、その前に、履歴書を郵送してほしいとのことでした。それは、とても、私としましては、困りました。余計な切手や切手代を、既に、用意していないためでした。そして、厳しいお話、本当に、仕事が採用になるかは、まだ、わからないのです。こういいました状況では、応募者側に、悲しいながら、不本意ながら、不利になってしまうと、感じ取りました。私は、今回は、応募を辞退しました。
そして、先日から、街中で、貰い持ち帰っていました大切にカバンの中で保管をしていましたフリーペーパーを1冊、取り出しました。
既に、幾つかの求人、目ぼしいものは、チェックが付いているのです。後は、迷わず、そのご担当者とお話をすることになるのです。
思い切って、電話を掛けてみました。はつらつとしました声で、お話をしましたつもりでした。ところが、不本意ながら、残念なことに、服務基準が、厳しい所ばかりでした。すごい偶然でした。私は、指定をされました洋服類、一切、持っていません。早くも、行き詰まりを感じてしまいました。正直なお話、古い洋服ダンスの中にあります黒いスカートは、もはや、何年も1回も、履いていません。ですから、体が、入るのか分からないのです。ひょつとしましたならば、もっと若い方が履かれました方が、スッキリとシルエット美しく着こなすことが、出来ますかもしれません。少し、不安になってしまいました。そして、指定されました色のカーディガンは、一切、持っていませんでした。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ